fc2ブログ

子供を持つことと自己犠牲貯金

私が子供を持たなかった理由の一つが最近、言語化できたので記してみようと思います。





 私が子供を持たなかった理由は沢山あり、そのことはこのブログで散々書いてきたので、理由を全部言うのは今回は割愛しますが、その理由の中の一つが長年、言語化できなかったのですが、やっとできました。





 それは端的に言うと 
"これ以上、自己犠牲をしたくない" 
ということです。






 小さい頃から気を使う性格で、常に人の顔色を伺い、自分の気持ちを犠牲にして他人に合わせることが多く、そのことに無意識に負担と限界を感じていたところに、さらに子供を産んで、(ただでさえ子育ては自己犠牲の連続なので)、これ以上、気持ちの自己犠牲(肉体的、物理的にも)をするのは無理だと、私は自分で判断したのだと思います。





 自己犠牲貯金というものがあるならば、私は多分、子供を産む前に小さい頃からそれを使い果たしてしまい、子育てで使う余力がすでにもうなかったのです。 






あと、子供の頃、辛い思いをしたのに、どうして子供を産んでまた辛い思いを再体験しなければならないのか、と憤り(?)を感じるからです。





 感情の自己犠牲というのも、生存戦略のために勝手に私がやっていたことなので、誰のせいでもないのですけどね。 





 誰も私に自己犠牲しろなんて別に頼んでないっていうね。





 それは私がアダルトチルドレンということもあるし、あとはエンパスなのもあると思います。 




 エンパスにとって子育ては感受性に負担がかかりすぎる。 





 ただでさえスポンジ体質もあり、普通に生きているだけですでにものすごい負担がかかっているのに、子育ては無理ゲーすぎる。





 ここでしか言えませんが、若い頃、付き合っていた人がいた時に、もしかしたら妊娠したかも!?と思ったことがあって(幸い妊娠してませんでした)、その時、一瞬ですが自殺が頭をよぎりました。
 (若気の至りなので、色々突っ込みどころはあると思いますが、ご容赦くださいね)





 それほど私の魂は子供を持つことが恐怖なのでしょう。





 もっと言うと、これ以上の自己犠牲は魂的に限界なのです。





 都合良く言うと、今世の私は子育てではなく、自分育てが課題な気がします。





 だから世の中のお母さん、さらに言うとエンパスで子育てしているお母さんは異次元というか、本当にすごすぎると思います。





SHARE
HSP、エンパス