fc2ブログ

自分につき続けた嘘とカルマのタイムラグ

ここ数日、自分が軽い気持ちでついた嘘に自分自身の首が絞められて、ピンチになって精神的に窒息しそうな日々を送っていました。




ただの自業自得なのですが、「なんでこんなバカなことをしてしまったんだ‥」と、落ち込んでいたのです。




話を遡るとその数日前に、私はある神社に行ったのですが、その神社に行く前に自宅の駐車場で左太腿を派手にブロック塀にぶつけて、大きな青あざを作りました。




かなり勢いよくぶつけたので、しばらく立ち上がれなくなるほどの痛さでした。





そしてその神社に着いて参拝後、帰る道すがら蜂に道を通せんぼされて、なかなか先に進めないという事態がおこりました。




何かこの時点で、「その方向に進んではいけない」という、強い警告のようなものを感じたのです。




極め付けは神社のトイレで、用を足してトイレを出ようと立ち上がった時に、鍵の部分にこれまた派手に額をぶつけ、痛さはちょっとどころじゃなく、漫画みたいに一瞬星が飛んで昇天しそうになりました。




切れて怪我をしたのと、額に大きなたんこぶができてしまいました。
たんこぶ作るとか子供の時以来😅




神社で頭をぶつけるということは「その考えは間違っている」と、先ほどの事件と合わせて、これまた二重三重に強い警告を感じたのです。





それで、冒頭の話に戻るのですが、現在、私が軽い気持ちでついた嘘に自分自身が首を絞められる事態になっていて、詰めが甘くてバカな自分に落胆して、よく眠れない自業自得な日々を送っていました。




それで、あっと気が付いたことは、私は私自身に対して長年、ずっと嘘をつき続けていたことに気が付いたことでした。





本当の自分を隠して、いつも周りやその場の空気に合わせて、自分の本当の気持ちに蓋をして、自分が自分に嘘をつき続けてきたことでした。




そんな風にしか今までの人生、生きてくることができなかったのです。




嘘の人生が常態化して、自分を常に抑圧して、自分が本当の自分に嘘をついている自覚すらなく生きてきました。





そしてそんな生き方がもう限界にきているというお知らせだったことに気が付いたのでした。





冒頭の私がついたある嘘で自分の首が締まっているという外側の出来事は、私自身の内面が外側に反映されてしまっただけのことで、あくまでこの問題の本質は、私が私自身にずっと嘘をつき続けていて、そういう生き方がもう限界にきているということを知らせるための出来事だったことに気が付いたのです。




というか、最近、“昔に比べると、内側の出来事が外側に現象化されるのが昔よりも早くなっている“ということをあるスピリチュアル系の方がおっしゃっていたのですが、確かにそうだな、と実感します。




私は元々、良くも悪くも引き寄せ体質&サトラレ系なので、人よりも内面の出来事が外側に反映されやすい特異体質なのですが、その現象化のタイムラグがさらにどんどん短くなっている気がする‥。




これも風の時代効果なのか!?




ちなみに余談ですが、私は人より内側→外側に現象化のタイムラグが短いタイプなので、タイムラグが長いタイプよりも気づきやすくて、気づきが増える傾向にあると、霊能者の方に言われたことがあります。




確かにタイムラグが長いと、何が原因でこういうことが起こったのか気が付きにくいよねぇ。



例えば自分が自分(or他人)にしたことが、10年後に外側から返ってきても、「ああこれは10年前の自分が自分(or他人)にしたことが今、返ってきたんだ!」と、結びつけて気づくの難しいし。




タイムラグが長いと気づきづらくて微妙だし、短いのもそれはそれで気づき祭りでしんどい。



多分、タイムラグ長いタイプはカルマも自分じゃなくて子孫に返ってくるタイプなんだろうな。



それで私みたいにタイムラグが短いタイプは、投げた野球のボールが壁にぶち当たって跳ね返るみたいに、瞬足でカルマが返ってくるので、自分自身がたびたび瀕死状態になる(笑)




今まで何度、瀕死状態を体験したことか‥。
エンパス系はこういう人、なんとなく多そう。





話は戻って、この問題は私が私自身につき続けた嘘が原因だった、と気が付いたその日の夜に、長年使っていた扇風機がついに壊れました。




家電製品などの電化製品は人の波動に共鳴しやすいと言われますが、私のこの気づきにより私の中の今までの古い意識が新しい意識の波動に変わったことで、その古い扇風機との波動が合わなくなり、壊れたような感じがしました。




そんな近況です。






SHARE
スピリチュアル