fc2ブログ

ちょっと笑ってしまったトラウマ夢

今日、見た夢の話。




私は何故かどこかのエレベーターに一人で乗っています。その時のエレベーターは下り。




目的の階はどこかはわからないが、とりあえずエレベーターはどんどん下へ下へ不気味に下降し続けています。




まるで地球のマントルの深部に到達しそうな勢いで止まることなく下降し続けているので、私はだんだん怖さを感じてきています。




その時、おじさんの声で「大丈夫、そのまま乗っていて大丈夫」とどこからか聞こえます。誰?



しばらくして、ようやく最下層に着いたようで、エレベーターが止まって、扉が開いて外に出ると、そこには地上の風景が広がっていました。




ずいぶん下降し続けていたので、真っ暗な地下みたいな場所に出るのかと思ったら、広がっていたのが明るい地上の風景だったので、え?ここ地上なの?と脳がバグっていたら、突然、どこか遠くから若い男性の声が聞こえました(さっきのおじさんの声ではない)




「〜ブッス!〜ゴニョゴニョ」




前後はゴニョゴニョ言ってて何を言ってるのかわからなかったのですが、「ブス!」と私に投げかけられた暴言ははっきりと聞こえました。




私はその声を聞いて、その場で大号泣しました。




そこで目が覚めて、夢の内容はここまでです。







夢分析すると「下降するエレベーターに乗る」夢は、過去の記憶が眠っている潜在意識へのアクセスを意味するのかな、と読み解きました。




そして夢の中の男性に吐かれた暴言は、実際、私が学生時代、過去に体験した出来事でした。




夢の中で私は号泣してましたが、当時の実際の私は泣いていません。聞こえてないフリをするしかなかったなぁ。そんなん言われてもリアクションできないよね〜😅




で、起きた時に、ああ昔のトラウマな出来事の夢を見たんだ。と思ったんですけど、それで、ああ、あれは悲しい体験だった‥(しみじみ)とか思ったわけじゃなくて、なんかそんな号泣する?と、ちょっと笑ってまいそうになったんですよね。起きがけすぐにね。




いや、そんな泣く?と(笑)夢の中の自分が凄い勢いで号泣してたので。




いやいや、きっと当時の自分はすごい傷ついていたんだと思う。顕在意識では忘れてたけど。だからずっと心の中にトラウマとして残っていて、その悲しみの記憶が消化できずに夢となって出てきたんだと思います。




起きてる時の自分は結構、メタ認知優位なところがあって、ついつい自分のことですら、すぐに俯瞰視点で突っ込みたくなってしまったり、笑ってしまいそうになるのが自分の悪い癖です。




インナーチャイルドには「あの時、悲しかったね」って、寄り添ってあげないとですね。わらてる場合じゃなし、っと。




SHARE