fc2ブログ

HSPあるある(?)

HSPあるあるというより、単に私個人の特性ですが記します。



①自分が邪魔になっていないか気になる


スーパーとか駅とかとにかく人混みのようなところで、自分が通行の邪魔になっていないか常に気になります。


スーパーで何かを選んでいる時にも常に邪魔になっていないか、たえず後ろをチェックしてしまいます。


何度も振り返って確認してしまうのでちょっと挙動不審かもしれません‥。




②駐車や右折で後ろの車に待たれるのが苦手


これは単にHSP関係なく車の運転がド下手なだけです‥。


待たれるのはみんな苦手だわいと突っ込まれそうですが‥。


スーパーの駐車場などでバック駐車しようとしている時に、後ろに車がいて少し待ってもらわないといけない状況になったら、その場所が入り口に近いとかどんなにいいポジションの場所であっても、あきらめて遠いところに駐車します。


誰も待っていない見ていない状況で駐車できるところに停めます。


とにかく後ろの人に見られながら、待たれながら、駐車するのは圧に耐えられなくて無理です。




狭い道とかで自分だけ右折、後ろの車はほとんど直進する状況だったとして、対向車がいっぱい来ていて、右折がなかなかできず後ろの直進したい車たちに待ってもらわないといけない状況になりそうだったら、あきらめて直進します。


長々待たせてしまうと「んだよ〜早く曲がれよ〜。早く行きたいのに〜」という声が後ろから聞こえてくる気がして耐えられません。


車の運転をしていると他の車の中の声は聞こえないはずなんですけど、感情とか声とかが聞こえてくる気がします。


気にしすぎですかね‥。



もちろん歩行者として横断歩道を渡っている時に左折待ちの車とかがいたら、めっちゃ小走りで走って渡ります。


車の中から「早く渡れ〜」って聞こえてくるからです。(もはや妄想かも)







話は脱線しますが、接客の仕事をしていた時に、客の心の声「早く〜早く〜早く〜」「早くして〜イライラ」がすっごい聞こえてきて、しんどかったです。



他のスタッフは私ほど気にしてないようで、どちらかというと待っている客の感情より自分の手元の作業に集中している感じでした。



私は客の心の声が聞こえてきてしんどいので、なるべくスピード重視でやっていました。



ですが、超絶神経質なので早くやっても絶対ミスは起こしたくないので(ミスを起こしてクレーム言われたくないから)、絶対ミスを起こさない正確かつスピーディーに仕事をしていて1日終わると神経を使いすぎていつもぐったりでした。



仕事はチームワークの仕事でもあったので、自分だけスピーディーに行なっていても、他のスタッフが遅いと結果的に遅くなって客を待たせてしまうことになります。



ですがスタッフは色々な方がいて、年配の人もいるので、手元を早く動かせる人ばかりではありません。



自分もいつか行く道ですし、怠慢で遅いわけではないのでしょうがないのですが、待たされている客のイライラも伝わってくるし、手元を早く動かせないのはしょうがないし、目上のスタッフを急かすわけにもいかず色々な感情の板挟みで辛かったです。



もちろんできる限りのサポートはしていましたが。



だいたいそれで遅くなって、激怒した客に謝るのは私の役目でした。
(怖がっているスタッフの気持ちが伝わってきて、自分がやらなければ!みたいな気持ちになってしまうからです。あと対応を押し付けあってる間にさらに客を待たせて怒りを増長させたくない。)



思い出しただけで胃が痛くなる‥。




ただこういう損な役割をいつもやってしまうのは、私の境界線が薄いためであり、決して誰かに押し付けられてやっているわけではないのですよね。



周りの思念が伝わってきた私が、そわそわして、いてもたってもいられなくなって、勝手にやっているだけです。



いつもこうしてしまう自分をどうするか、これから先、就職したときの私の課題でもあります。








SHARE
HSP、エンパス