fc2ブログ

自己肯定感劇場を卒業したい

私は、自己肯定感が低いもの同士の、自己肯定感が低いが故に引き起こしてしまう、トラブルとか揉め事、人間関係のもつれなどを、このブログで勝手に「自己肯定感劇場」と名付け、自己肯定感が低い者同士の同じ穴のムジナたちが繰り広げる茶番劇だと思っています。




ちなみに、私もこの茶番劇に、人生の中で定期的に出演しています。





だいたい人生の中で起こった、人間関係の揉め事の相手の最大の特徴は、もれなく自己肯定感が低いということですね。




なぜなら、私が自己肯定感が低いからです。同じ自己肯定感が低いというエネルギーレベル同士で引き合っているからです。




自己肯定感が低いもの同士で、わちゃわちゃやってる、かなり低レベルな茶番劇です(笑)




この自己肯定感の低い相手の姿は、そのまんま自分の姿そのものだという、鏡の法則がまんま成り立つ関係で、同じ穴のムジナ感が満載の関係です。





ただ自己肯定感が低いムジナたちの中にも、種類があって、自罰系他罰系の2種類にわかれます。どちらも自己肯定感が低いという点では同じです。




茶番劇のストーリーとしては、自己肯定感が低い自罰系ムジナが、自己肯定感が低いが故に、自分と同じ自己肯定感が低い相手(他罰系のムジナ)を引き寄せます。そして、その他罰系ムジナとの間に、自己肯定感が低いが故のトラブルやもつれを引き起こします。そして、お互いか、どちらか(たいてい自罰系ムジナの方)が、自己肯定感を高める(自己受容する)努力をすることで、トラブルやもつれを解決に導くというオチになっております。




↑こういうストーリーの茶番劇を人生の中で数回、私もやりました。




もちろん私は自罰系のムジナの方です。主役ですから(笑)







さっきYouTubeを見ていたら、あるスピ系のYouTuberさんが「対人トラブルの原因の殆どは、自己肯定感の低さが原因」ということを言っていて、おお、これは私が長年、ずっと思っていたことだ!とちょっと感激しました。




この自己肯定感劇場は、なにも私だけじゃなくて、世界中のいたる所で繰り広げられているのではないのかなと思いました。家庭内で、学校で、会社で、ママ友同士で、ご近所で‥などなど。





なんか茶番劇が始まると、茶番劇の相手を「あーこの人も私と同じように自己肯定感低いんだろうなー。相手は他罰系だから、一見わかりにくいけど、この人ホントは、めちゃくちゃ自己肯定感低くて、自信ないんだろうなー。不安だらけなんだろうな。私みたいに。だからこんなことするんだろうな」と冷めた目で見てしまいます。



あーまたそれで、私が自己受容すれば、この相手との間のトラブル解決するんだろうなーと、ストーリーの先が見えてしまう。ほんと茶番ですよ。





なんかでも、人生の中で、もうこういう茶番劇は終わりにしたい。(このストーリーとこのオチ飽きた)



もっと建設的なことに労力を使いたい。




どうせなら、これからは自分の自己肯定感を上げて、自己肯定感が高いもの同士で、楽しいわちゃわちゃをしたいですよね



SHARE
自己肯定感劇場