fc2ブログ

亡くなった人との再会(1)

職場で得た気づきについて書こうと思ったのですが、書きたいことが多すぎて、何から書いていいのか、なかなか文章がまとまらないので、今回は別のことを書きます。




実は私は今、ミディアムシップを習うために、少し前からあるスピリチュアルの講座に通っているのです。


ミディアムシップとは簡単に説明すると、“霊界と通信を行うこと”を意味します。


ミディアムは“霊媒”、“霊界とこの世をつなぐ者”を意味します。





先日の授業では3人グループになって、1人が対象役になり、他の2人が対象役の人に関わりのある人の霊を下ろして通信をするというのをやりました。



で、私が対象役になった時に、他の2人が視てくれたのですが、現れたのが若い20代くらい?の男性の霊だと言うのです。



格好はTシャツにジーパンと、とてもラフな格好をしている、と。



だいたいこういった時は、亡くなった祖父母とか身内が出てくる場合が多いので、若くして亡くなった男性の身内っていたっけ?いないよなぁ、と最初、誰のことだか、思い当たる人が浮かびませんでした。




ミディアム役の人は「身内じゃないみたいだよ」「学校関係かな」と言いました。



で、1人だけ心当たりがある、ある男性が思い浮かびました。




その人は私が通っていた高校の私より1学年下の男の子で、地元が同じなので毎朝、同じ電車、同じ車両に乗っていた人でした。



地元が同じなので、そもそも同じ中学出身なのでしたが、中学時代は学年が違うのでお互い、全く面識がなく、同じ高校に入り、地元の駅で毎朝、一緒になるようになって、1学年下に同中出身でこんな子いたんだなぁと初めて認識した程度の関係です。


高校の校内では学年が違うので、ほとんど会わず、時々、体育祭など行事の時に彼を見かけるくらいでした。



でも、朝の通学の時は、毎朝、いつも彼と同じ電車の車両に乗って、通学する、お互い顔見知りではある、でも会話は一度もしたことがない、そんな関係でした。

続きます。


SHARE
ミディアムシップ