fc2ブログ

過去にこだわる割に人に興味がなさすぎる

私は過去にこだわってしまうところがあって、特に過去の辛かった事、嫌だったことがなかなか忘れられなくて、手放さずに握りしめてしまうようなところがあります。





このブログでも何度も過去の出来事について、これでもかとしつこく書いてしまいます。





例えば過去に誰かに辛かったこと、嫌なことをされたとして、どうしてこんな辛い目に自分があってしまったのか、なぜこの人にこんな嫌なことをされたのか、その原因について考察、分析をして今後二度と同じような目に遭わないようにしようと、改善案について延々と考えてしまうようなところがあります。





分析しすぎて自己批判になることも度々です。





しかし、その出来事については良くも悪くも執着してしまうところがあるのですが、その自分を嫌な目に合わせた“相手のこと”についてはどうしても興味が持てないのです。






もちろん相手に嫌な目に遭わされたら、「辛い」「悲しい」「むかつく」とかの相手に対する負の感情は湧き上がるのですが、そこまで持続せず、”さてこの事態をどうするか”“何が原因で自分がこんな目にあったのか”にすぐに関心がいってしまい、相手自体にどうしても興味と執着が持てないのです。





なので良い意味でも悪い意味でもいつまでも相手を恨むとかもないし、許せない!不幸になれ!と思うこともない。そもそも恨むほど興味が持てない。





相手が普段何を思って、何を感じて、何が好きか嫌いなのかも心底興味がない。





どうして相手との間にこういうことが起こってしまったのか、分析のために相手が何を思って何を感じているのかを考えることはもちろんあるけど、あくまで分析のためで、相手自体には何度も言いますが、心底興味がない。





でも相手は私に嫌がらせなり、嫌って構ってくるほど、ある意味私に興味があるわけで、なんでそこまで人に興味が持てるのかな、と逆に不思議に思います。
好きな人ならともかく。





私は嫌がらせするほど人に興味を持ったことがない。嫌いな人には他の人と同じように表面上はにこやかに接して、でも心は開かず、心の中では相手を無視して、いないものとして扱ってます(現実的には無視はしてないですよ。心の中でその存在を無視してるだけです)。





私のこういう相手に興味が持てないところが全然、人から理解されないところです。






むしろ「昔嫌がらせをしてきた相手のことを許せない。ずっと恨んでる」みたいな人の方が多くの人の共感を得られて、「許す許さないも何も、恨むほど相手に興味が持てない。自分がどうすればよくなるか自分のことしか関心がない」という私が(←お前、そういうとこや)、全然人から理解されないのが解せないのです(笑)






最近のマスクと学校事情から感じたこと

最近、ネットニュースを見ていたら、「コロナが5類に移行して、学校現場でも脱マスクを呼びかけているが、子供たちはマスクを外したがらない子が多い」という記事を読みました。




理由としては、「ずっとマスクをつけた生活をしていたので今更外すのは恥ずかしい」「マスクを外しているのは1軍の容姿が良い子ばかりで外しづらい空気がある」「自信がないので顔を見られたくない」などがあるそうです。




食事の時にマスクを外しても、顔を見られないように食べている子もいるのだとか。




このことに関して「子供の精神の発育に良くない」「まずは教師もマスクを外して積極的に学校現場での子供たちの脱マスク化をはかるべき」との見解が書いてありました。





確かに私もその通り、精神発育上、マスクをつけない学校生活に早く慣れていった方が良いと思います。




そう思う一方で、私がこのニュースを読んで一番に感じた本音は




「ずるい」「羨ましい」




でした。




このブログでも散々書いている通り、私は学生の頃、重度の醜形恐怖症で容姿によるいじめを受けていました。




だけど、私が学生の頃は、マスク文化はまだなくて、隠れ蓑にするマスクもなく、日々、容姿への誹謗中傷を受けながらも顔を晒して、一人で耐えながら、自殺しそうになりそうな心に必死で鞭打ちながら学校に通っていたわけです。




で、今の子ときたら、「顔を見られるのが恥ずかしい」「顔に自信がない」などを理由に(コロナはもう理由にできなくなったので)、マスクをつけたまま学校生活を送り、級友などにも素顔を晒さずに生活することを許されている。




マスクを着用することによって「ブス」「気持ち悪い顔」などという容姿への誹謗中傷をされるリスクを回避することができ、マスクで自分の心や身を守ることが公然と許可されている。





私の学生時代はマスクで自分を守ることができなかった、これが私がずるい!羨ましい!と感じてしまう理由です。





もちろん、こんな感情を今の子供達に感じるのはお門違いだし、子供達がコロナ禍のせいでマスク生活になり、どれだけ不自由を強いられて、かわいそうな学校生活を送ったと思ってんの?あんた馬鹿じゃないの?と思われても仕方ありません。




だけど私の癒やされていない傷ついたインナーチャイルドが、私はマスクで自分の心を守ることができなかった、顔を晒さずに学校生活を送ることが許されているなんて「ずるい」「羨ましい」と思ってしまうのも事実で、今までの私だったら、こんなことを思ってはダメ!子供達は好きでマスクをつけていたわけじゃないんだから!と自分を責めていたと思うのですが、今は許してあげようと思います。




最近、受け入れ難い自分の過去に寄り添い、過去を受け入れて、自分の中に湧き上がるどんな感情も許して肯定する練習をしているのです。





自分の闇を否定しているから、ずっと闇のままだということに気がつきました。





闇を受け入れて、肯定すればそれはもはや闇でなくなり、過去の行程、自分の感情全てを肯定することができれば、もっと生きやすくなるのではないでしょうか。





ネットニュースを見ながら、そんな練習をしている今日この頃です。




人の嫉妬を認めることにブロックがある

“自分はよくやっていたとしても、他人から妬み嫉みの気持ちで悪く言われたり、悪意の感情を向けられることがある“




誰でも生きていると、こういう体験の一つや二つはあるじゃないですか。





でも私はこのことを人に言うのはもちろん、自分の中で認めることを許していませんでした。




こういう心のブロックがあることに最近、気がつきました。





ただ確かに人に言う必要はないけど、自分の中だけでも認めてあげても良いんじゃない?と思うようになりました。





私は“他人から嫉妬されて苦しんでいる自分を認めたくない“というのがあって、それはなぜかというと、“それを認めたら人から責められる“というのがあります。




「人から嫉妬されているなんてあなたの勘違いじゃない?自分が客観的に見えていない。自分を省みずに、これは相手の嫉妬だと言って、相手のせいにして自分の問題点を見ずに問題をすり替えている。etc‥」こういう感じで責められるのが死ぬほど嫌なのです。





私は“いつも人から責められる“というビリーフにずっと縛られている気がします。





私は親子関係で「お前が悪い」「お前に原因がある」と、いつも責められることが多かったので、人間関係で責められないように、いつも予防線を張るという癖ができてしまっていました。




なので例えば「もしかして、これって相手の嫉妬で、別に私が悪いわけじゃなくない?」と、相手に一抹の違和感を感じるというか、頭の片隅でうっすら思うことがあっても、いやいやこれは私の勘違い、相手が私に嫉妬なんてするわけがない、相手をそんな風に思ってはいけない、こうなったのは私に何か原因があるはずだ、相手は悪くない、と即変換して処理してしまい、予防線を張って「私が悪いんです」「私に原因があるんです」と言う癖がついてしまっていました。





それにそういう風にしておけば周りの人も受けいれやすいし、あわよくば「いやいや橙さんは何も悪くないよ」って言ってもらえることもあって、味を占めてしまったんですよね。あざとい。




私は予防線を張って、人から責められる前に自分で先に自分を責めるので、実質、親以外の他人からあまり責められたことはありませんが、仮に私は人から責められた場合、人から責められても反発するような気の強さは全く持ち合わせてないので、表面上「はい、わかりました。申し訳ありません。私が悪かったです」と即反省ポーズをとるのですが、私が私をこれだけ責めてるのに、この人も私をまだ責めるの!?と内心は思ってしまうんですよね。もちろん相手には言わないですよ。





ただ、私は責められることにすごく敏感なんです。





自分がいつも自分を責めているので、他人から責められると追い打ちをかけられたような気持ちになって、すごく辛いんですよね。でもこれは相手の問題じゃなくて自分の問題だってもちろんわかっているので、相手に対しての恨みとかは持たないですけどね。





なので、優先事項がいつもどうしたら他人から責められないか、責める言葉を言わせないためには、自分がどういう言動と立ち回りをすれば良いかが、常に頭の中の関心ごとになってしまっているんです。





話を戻すと、この匿名ブログですら「他人からこういう嫉妬をされて苦しんでいる(た)。辛い」みたいなことを書くことを躊躇うというか、まあ過去記事で一部書いてる時もあるはあるんですけど、書いてないのも結構あって、自分側の問題だけ書いて、相手からの嫉妬(と感じるところ)などの相手側の問題は書かずに伏せていたりしました。





それにこのブログの主旨はあくまで内省ブログでもあるので、相手側の負のことは別に書かなくても良いかなと。





ただ状況を中立的に自分側や相手側だけに偏るのではなく、客観的に俯瞰するためには、相手の嫉妬とか、そういうのも書いても良かったのかなとは思います






こんな私なので、自分に厳しい分、他人にも厳しくて、例えば人が「〇〇のことで嫉妬されて辛い」みたいなことを言っていたり、ブログなどの記事でそういうことを読んでも、でもこの人にも悪いところがあるんじゃないか、嫉妬って勘違いなんじゃない?(まさにうちの親のものの見方とそっくり)って穿った見方をしてしまっていたんですよね。もちろん本人の勘違いパターンもあるとは思うけど、それだけでもないというか。




今まで自分にも他人にも不寛容だったな、と。それって結局、他人じゃなくて、自分を責めていることと同じで、もっと自分を苦しくさせるだけのことだったんじゃないかな、と。





別に人に言うわけじゃないんだから、自分の中だけでもあの時の相手のあれは嫉妬だったって認めても良いんじゃないかな。





だから気にする必要ないよ、あなたは人に嫉妬されるくらいの長所があるんだよ。




自省も大切だけど、↑こういう風に思ってもよい出来事も、私もあなたも人生の中では一つや二つは誰でもあるんじゃないかな、と思います。





“自分に対する他人の嫉妬を認めることができない“。こういうブロックがあったと気づいたので記録がわりに書いてみました。




職場ガチャは本人の愛着障害による

YouTubeで“配属ガチャ“の動画を見たので、自分の経験と絡めて記事にしてみました。





自分自身の経験を振り返ってみると、過去の職場の人間関係は自分の親子関係、兄弟との関係、幼少時の周りの人との人間関係を投影した関係性が多かったです。





なので、職場の人間関係というのは、子供の頃の家庭環境や親子関係によって作られた愛着障害の影響を受けて作られた関係になりやすく、子供の頃の人間関係と相似形を成すとも言える気がします。





例をあげると、口うるさい上司に悩まされている人は、その上司に口うるさい自分の母親を投影していたりだとか、ライバルの同期とは親の愛を取り合っていた自分の兄弟との関係が投影されていたりとかね。





私も新卒当時に配属された職場が不満で、当時は同期の中でなんで自分だけこんな配属先なんだ?こんな上司なんだ?とずっと不満だったんですけど、今考えてみればそこは自分の抱えている愛着障害が投影された人間関係の配属先でした。





配属ガチャ、上司ガチャ、ひいては職場ガチャは自分がどれだけ癒やされるべき課題を抱えているか、どんな種類の愛着障害を抱えているかで、過去の親子関係、人間関係などを投影しやすいメンバーが揃った職場に配属されるだけのことであり、それは必然であって、巷でよく言われる運命のイタズラ的な“ガチャ”という概念は本当は存在しないのではないかと思います。





そういう意味で、あと自分にはどのくらい癒やされるべき課題が残っているのか、自分はどんな愛着障害を抱えているかで、どんな職場に配属されるかはある程度予想をつけることができるかもしれません。(いや難易度高いか‥)





ただ、宇宙の采配は予想を超えてくることも多いので、自分が想像しない思ってもみない方向からの課題が待ち受けていたりとかもあるかもですね。





微妙な人でも立てる(2)

続きです。




この社会って本音と建前があるかと思いきや、意外と動物的な人が多いというか、相手が自分より能力が低かったり、立場や性格など、何かしらが本人視点で自分より弱いとみなすと、相手に強くでがちというか即マウントみたいになる人が多いのかな〜と思います。





相手が上司だったりして、一見、表向きだけでも立ててる風にしてはいても、その上司に対して、強気な口調が出てしまっていたりする人とかもいるし。




この世って弱肉強食なので、それこそ犬みたいに目の前に走っているものがあったら考える前に即追うみたいな感じで、本能的にそうなってしまうのかもですね。




でも自分はその本能が割と退化しているみたいで、思考で制御しているところがあります。




これは私がアダルトチルドレンで本音を隠して自分を抑える抑圧系の性格だからなのか、エンパスなので相手の尊厳に敏感だからなのか、INFJ特有の誰に対しても平等に振る舞うみたいな性格特性からきているのか、私個人の個性からきているのかよくわかりませんね。





ただ個人的に思うのは、明らかにその職場において能力が足りていない人がいたときに、その人をどう扱うかでその職場の民度というか寛容性がわかる気がします。





私の個人的な経験ですが、今まで行った過去二つの職場でそれぞれちょっと仕事の能力が足りていない従業員がいたんです。




で、一つの職場はその人をみんなでカバーする感じで仕事を回していて、裏でもその仕事ができない人に対して陰口を言う人はおらず、まあその時の上司はその人に対して「もうちょっと仕事ができてもらわないと困る」と愚痴ってはいましたが、職場全体の雰囲気的には陰湿な感じはなく、割とお互い許容し合って、雰囲気も良い職場でした。





一方、もう一つの職場は、仕事ができない人に対してはパワハラ、いじめという形であからさまに嫌悪感を態度に出す感じで、職員同士、お互い仕事にアラがないか監視し合うみたいな雰囲気でした。




例え自分がターゲットになっていなくても雰囲気と居心地が悪く、ギスギスした職場でした。





雰囲気が良く、仕事がしやすかったのは、前者の弱者にも寛容な職場であることには間違いないのだけど、仕事はお遊びでやっているわけではないので、弱者に厳しいのも理解できるし、難しいところですよね。





で、まとめとしては、弱者に寛容な職場はそう多くはないということ。そういう職場の方が他の職員にとっても仕事がしやすいのだけれどね。






余談ですが、よく芸能人で裏方のADさんなどに横柄な態度をとる人がいる、みたいな話をたまに聞くじゃないですか。




そういうのも自分からするとなんでそうなるのかよくわからんというか、別に私は良い人なんですと言いたいわけじゃなくて、純粋になんでそうなるのかわからんのです。




裏方の人に嫌われたら自分が面倒なことになりそうだし、そんなリスクは取る必要がないと単純に思ってしまう。上記のように私は本能より計算と打算を優先するタイプなので。





お前は芸能人になったことないだろ!と突っ込まれそうですが、売れてチヤホヤされたら誰でもそうなる可能性はあるよ、調子に乗っちゃう気持ちわかるな〜という人もいそうだけど、私は人生において調子に乗ったことがないからマジでわからん。





仮に自分が芸能人になれたとしても(死んでも無理だけどね)、こうはならないと思うんですよ。




何度も言いますが、別に私は良い人アピールではなくて、単純に人の恨みを買うかもしれないことをしてなんの意味があるのか、こっちになんのメリットがあるのかと思う。




仮にそうしてこっちになんらかのメリットがあるのだとしたら、私も迷わずそうすると思いますが(嘘)




私は本能<打算、損得なんだな。