FC2ブログ

INFJ型の孤独(2)子供を産まないこと 

続きです。

最早、タイトル詐欺みたいなもので、INFJ型の孤独というより、私の孤独です。

私個人の体験談、意見としてお読み下さい。




で、一番、周りの人たちと、自分が違うなーと思ったのは、私ほど自己肯定感の低い人間に会ったことがないということです。



よくあるのが、内向型だったり、HSP、アダルトチルドレンを自称する人でも「なんだかんだ結構、はっきり思ったことは言ってしまうタイプです」とか、「結構、気が強い方です」とか、「怒りとか負の感情がすぐに顔に出てしまう方です」とか、「子供が欲しい(or子供を産んでいる方)」と言ってる方は、私からすると、なんだかんだ言って、自己肯定感が高いというか、エリートだなと思います。




私のように自己肯定感低すぎる&臆病すぎると、自分の意見が間違ってるんじゃないかとか色々考えてしまって、自分の意見が言えないし、相手の反応が怖くて、負の感情を相手に表現することができずに、抑圧する方向にいくし、自分と同じような子供を産むなんて考えられないというか、育てる自信もありません。


こういう私みたいなタイプは、自己肯定感が低い人が多いと言われる、内向型、HSP、アダルトチルドレンの中でも、さらに少数派ではないでしょうか。



特に、子供のこと。


自己肯定感が低くても、自信がなくても、それでも自分の子供は絶対欲しい!と思う人がほとんどではないでしょうか。



自己肯定感が低すぎるがゆえに(それ以外の理由もありますが)、子供を生まないと言っている人は、周りに1人もいません。リアルでは見たことも聞いたこともありません。




自己肯定感が低く、自信はないけど、でも欲しいから、結果産むという人は、世の中に沢山いますよね。逆に自信満々で産むという人も少ないでしょうし。



ただ、自信がない、自己肯定感が低い、生きづらいを理由に、本当に実際に産まない&産まなかった選択をした人は、1人も私の周りにはいません。(欲しかったけど、できなかった人はいますが)



私の場合は、自己肯定感が低すぎて、「欲しい」と思えるまでに行き着かないというかんじです。誰でも、ある一定以上の最低限の自己肯定感がないと、やはり子供は産めない、産みたいと思えないと思います。



でもこういうのも、普通の人からすると、理解できない考えなのではないかと思います。



例えば、子供が嫌い、経済的な理由、病気などが理由で子供を産まないのは、まあ理解できても、自己肯定感が低く育てる自信がない、自分と似た子供が欲しくない、いじめ、醜形恐怖症、精神科通いなどの生きづらい学生時代を再体験したくないなどの精神的なことや、トラウマが理由だと、???みたいな感じで、子供が欲しい人からすると、全然理解できないのではないでしょうか。


実際、これが理由だと言ったとすると、ドン引き確定でしょうしね。


別に私は子供嫌いでもなんでもないですが、子供が嫌いとかが理由の方がまだ、普通の健全な人からすると、理解できるし、マシと思われるというか。







ネット上では私のような人はチラホラいるみたいですが、リアルでは聞いたことも、会ったこともないし、最早、そんな人、都市伝説ではと思ってしまいます‥。まあ、本当にこういうのが理由だと、うかつに周りに本音を言えないでしょうし、意外と知らないだけで、周りに自分と似たような考えの人がいるのかもしれませんが‥。


最近、「なんで子供がいないの?子供が嫌いなの?」と聞かれることがあって、「いや、こういう理由で‥」と上記に書いた理由を言いたくなりましたが、我慢しました。こういうの本当困りますね😰




以上、私の孤独、疎外感でした。暗い内容ですみません。



INFJ型の孤独(1) 

INFJ型の性格者は、16種類の性格中、一番人口的に割合が少ないため、生涯のうち、自分と同じような性格で、共感できる人に会う確率はとても少ないそうです。


INFJあるあるに、「自分みたいな人(自分と性質が似た人)に、今まで一度も会ったことがない」というのがありますが、それはINFJの希少性ゆえでしょう。


確かにネットの世界では、探せば結構いるのに、現実のリアルな世界では、自分みたいな考え、性格の人には、お目にかかったことがありません。



これはINFJが(というか、私が)、自己開示や自己表現が苦手で、かつ普通の常識的な人間に見られるように、世間に適応している風に上手く擬態するところがあり、結果、INFJ同士、お互いに発見しづらいというのも理由にあるかもしれません。




小さい頃から、「いつか自分と同じような性格の気の合う人と出会って、友達になり、お互い共感しあいたい」と夢を見続けていました。



保育園には自分みたいな人はいなかったので、「小学校に行けば会えるはず」と思い、そして結果、それは叶わず、「中学校に行けば」そして「高校に行けば」「大学に行けば」とずっと願い続けていましたが、学生時代はとうとう、自分と似た感覚で気の合う人、同じような性格の人には会うことができませんでした。





例えば、私は不登校ではなかったのですが、一時期、不登校ギリギリというか、不登校になりそうな時期がありました。


最近は、不登校の子は学年に数人いたりすると聞きますし、珍しいことではないみたいですが、私の時は、小、中、高と同じ学年に、不良の子はいても、不登校の子は1人もいませんでした。(他の学年は知りませんが)


こんな状況なので、不登校をする勇気はとてもじゃないけど、ありませんでした。


あと、私は実家と疎遠気味というか、昔からあまり仲が良くないのですが、周りの友達は、家族仲がとても良い人が多く、家族、実家大好きな人ばかりです。




上記に上げたのはほんの一例ですが、私のようなタイプ(不登校になりそうだったり、アダルトチルドレンぽいタイプ)は、少数派ながら、世間にはまあまあいると思われますが、私の周りには、見事にいないという感じでした。


まあ、私の世界が狭すぎるのも、理由にあると思いますが‥。


続きます。


内面が矛盾だらけ。でもどれも真実。 

最近、久しぶりにMBTI分類の性格診断をしたら、私はやはりINFJ型で変わっていませんでした。


INFJ型は16種類の性格の中で、最も複雑怪奇な性格で、最も人口的に数が少ないと言われている性格型です。


何かの記事でINFJは、大聖人にも大悪党にもなり得ると書いてありました。



人間誰しも二面性というのはあると思いますが、私もかなり二面性があります。



小さい頃から薄々思っていて、大人になった今でもやっぱり密かに心の中で思っているのは、「私は本当は強い」ということです。



いや常々、このブログで、私は内向型HSPで大人しくて‥とか、人に対して言いたいことを全然言えなくて‥私は気が弱くて‥虚弱で‥自信がなくて‥って言ってるじゃん、矛盾してない?と思われるかと思いますが、これも本当に嘘偽りない、真実の気持ちではあるのですが、一方で結局、私強いしなという気持ちもどこかにあるのです。


この根拠のない自信はどこから来るのか自分でもわかりませんが、私は自分が本当は、見た目や周りの評価と真反対な性質で、自分の魂がかなり強靭なことを、どこかでわかっているからかもしれません。



自信喪失と誇り。両極端な気持ちが心の中にいつも一緒にあって、常にその間を揺れ動いている感じです。まあ、情緒不安定かもしれません(笑)



色々、感情的で気の強い人に言い負かされても、「まあ本当に強いのは私の方だけどね。感情的になっている時点で向こうの負け」と心のどこかで思ってるし、よく人に謝るのが苦手という人がいますが、私の場合は、クイック土下座並みにすぐに謝罪できます。なぜなら謝っても私の価値は1ミリも減らないと心のどこかで思っているので、余裕で簡単に謝罪ができるのです。




側から見ると、私は気の強い人に言い負かされるし、すぐに謝るヘタレで弱いやつそのもですが‥。でもわかる人には、私が本当はものすごく強かな奴だとわかるはず‥笑


いや、一つ注釈を加えると、心の中は全く悪いと思ってないのに表面上、謝っているという意味ではないです。

本当に反省の気持ちはあるんです。ただ人に謝罪することにあまり抵抗がないタイプという意味です。

色々、冷静に考えて、長い目で見たら、プライド高くて謝れない人よりも、そっちの方が自分のためにも、周りのためにも得じゃないですか。デメリットもありますけど‥バランスが難しい‥。

いや、実際、表面上、謝ってることもありますが、その辺は処世術ですね。必要な状況もあるし。でも、表面だけの謝罪は結局相手に伝わるので、あまりしないです。

表面だけ見たら、謝らない(謝れない)人の方が強く見えると思うけど、本当は私の方が強いと私は思っている(笑)




気が弱くて、内向型で人に舐められやすい自分と、エベレスト並みに尊大で誇り高い自分が一緒に同居している感じです。





そう言えば、以前、ヒーラーさんに相談に行った時に、そのヒーラーさんはスピ相談以外に、美容やファッションのアドバイスもしてくださる方だったんですけど、


「私、大人しいってよく言われるんです〜」
ヒーラーさん 「全然、大人しくないよね」
 「私、ほっこり系のゆるいファッションが好きですね
ヒーラーさん「本当の性格は、全然、ほっこりしてないし、ゆるくもないけどね」


と、いちいちツッコミが入っていました(笑)





学生時代、勘が鋭い人には、一見、気が弱そうで大人しそうだけど、底知れない奴と不気味がられていました。(本性バレてる)

思えば、今までの私の人生も両極端なことが多かった。人によって真逆な評価を受けたりとか‥。これも私の二面性、複雑怪奇な性質ゆえでしょうか‥。





あと私は念が強いので、私が本気出したらなんとでもなるという確信も密かにあります。色々、自信がないことが多いけど、これだけは自信がある。




私のこの底知れない強さ(色々な意味で)を何かに生かせないだろうか‥と不毛なことを考えている今日この頃です。




求職と虚弱体質 

気がつけば9月になってしまいました。


7月末に仕事を辞めてからは、病院や歯科に行ったり、部屋の整理をしたり、仕事をしているとなかなかできないことをしていました。



家に引きこもっていると、毎度のことですが、気持ちがどうしてもネガティブな方向へいってしまいます。

普段は忘れている過去のことを思い出したり、コンプレックスが再燃したりします。余計なことを色々考えてしまいます。

実家のこととか、コンプレックスのこととかを考えて、憂鬱になってしまいます。



働いている方が色々余計なことを考えずにすみますが、働いたら働いたで、色々もっと大変ですね。(前回の職場はだいぶメンタルをやられましたし)



でも、家に引きこもっていてもしょうがないし、ブランクがあくと、もっと働きづらくなるので、そろそろ求職活動を再開しなくては‥。



元々、虚弱体質ですが、加齢もあって、年々、どんどん虚弱が加速している気がします。


私は体が疲れていると、すぐに気持ちに余裕がなくなってしまうので、働くにはやはりタフな体でないとダメですね。体力作りが必要ですね。


でも、なかなか運動が習慣化できないんだよなぁ‥。


再びの大雄山最乗寺とシンクロする夢(3) 


続きです。


夢というのは、宇宙の始まりから終わりまでの全ての歴史、想念、感情、記憶が記録されているという、アカシックレコードに繋がっていると思います。

今回のことでそう思いました。



私がこの美人尼さんの夢と、慧春尼様という、シンクロする夢をみたカラクリとしては、私が想像するに、こういう感じなのではないかと。




明日、最乗寺に行くと意識して夜、寝る。
         ↓
夢の中で私の無意識が、最乗寺に関するアカシックレコードにアクセスする。
         ↓
私の波長と最乗寺に関するアカシックレコードの波長が合い、最乗寺に実際にいた尼さんのビジョンを夢で見る。




でも、美人尼さんはビジョンと実際が一致したけど、行基は何にも関係ないのでは?誤ビジョンでは?と思われると思いますが、行基が結局、なんだったのか、それは私もわからないです(笑)



夢で行基が登場してきたときに、丁度、目覚ましが鳴ってしまったので、夢から覚めてしまいましたが、あのまま夢の続きを見ていれば、もう少し何か情報を掴めたかも‥‥(笑)



でも、こういうのは霊視と一緒で、その時はわからなくても、後から点と点が繋がったりもあるので、夢の備忘録としてこの記事を書いています。



こういう夢を見たからと言って、特に何かラッキーなことがあるわけではないし、へーっとは思いますが、何かの役に立つわけでもありません。



だけど、自分の夢や直感、ビジョンがどの程度、精度があるのかどうか記録を取るために、忘れないために記しています。




今回、少女漫画タッチで夢を見る(美人尼さんが主人公の少女漫画を読んでいる風の夢)という、斬新な形だったのですが、そういえば以前、ヒプノセラピーで自分の過去世を見た時も、映像が一部、アニメ風でした。



霊視とか、過去世を見る時は本当に、人それぞれ見え方が色々あって、ある人は写真みたいな感じ、ある人は無声映画のような見え方、また、ある人はアニメや漫画調だったりするそうです。これはヒプノセラピストさんが言ってました。



私がヒプノで自分の過去世を見た時は、無声映画みたいな感じと、一部アニメ調でビジョンが見えました。音声は一切なかったですね。


私はヒプノで過去世を見た時、私は昔の日本の農民の女性だったのですが、その時、同じく農民の夫の顔をビジョンで見た時に、アニメ日本昔話風のアニメタッチで夫の顔が見えました。


ものすごい極太眉毛で、ひょっとこみたいな顔でした(笑)私もかなりのオカメでしたが(笑)




私は特別アニメ好きでも漫画好きでもありません。大人になった今は、時々エッセイ漫画を読むくらいです。


でも小さい頃は、漫画やアニメをよく見ていたので、その時の感覚を使っているというか、自分が見えやすい形でビジョンって見えるのだなと思いました。





去年、来た時も思ったのですが、最乗寺の本堂の前あたりの敷地内にいると、なぜかすごく懐かしい感じがします。



私はもしかしたら、過去世でこのお寺の信徒だったか、寺の下人などの何らかの
関係者で、直接的にか間接的にかはわかりませんが、慧春尼様のことを知っていた身だったのかもしれません。


なので、このお寺に来ると、懐かしい感じがするし、過去世で何らかの関わりがあったから、慧春尼様のアカシックレコードと波長が合ったのかな‥と、あくまで妄想ですが思います。