FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

自分に労わる言葉をかける

2019/04/19
HSPあるあるというか、自分あるあるなのですが、私の思考の癖としてすぐに「自分に原因がある」「自分が悪い」「こんな風に考えてはダメだ!」とか、すぐに心の中で自分を責めたり、ジャッジしてしまうのですよね。



特に「自分に原因がある」という、自分の身に起きる出来事は全て、大小含めて、自分に何かしら原因がある(過去世のカルマ、徳も含めるので、かなり壮大なスケールになりますが)というのは、残念ながらこの世の真実であり、決して間違った考えではないのですが、私の場合、分析をやりすぎてしまい、自分を追い込んでしまいやすいのです。




これは、思考が強い生まれつきの気質や、過去世から持ち越した思考の癖、現世で親から「他人のせいにしてはダメ」「なんでもあんたが全部悪い」と言われて育った影響からかなと思います。




物事の原因を自分の中にみつけると、「ほら、やっぱり自分に原因があった」という、原因を突き止めてやったというドヤ感と達成感はあるのですが、ずーんと重苦しい感覚や、暗い気持ちを自分の心の中に残します。




で、もし自分が自分じゃなくて、友達だったらどうだろうと、ふと考えたのです。



そうしたら、「あなたが全部悪い」「あなたに原因があると思うよ?」なんてとても言わないし、「それはしょうがないよ」「そうなるのも無理ないよ」と労りの言葉をかけると思うのです。もちろんケースバイケースかもしれませんが。




それで、自己否定などの暗い気持ちが湧いてきた時に、その気持ちを否定せずに「そういう時もあるよ」「そうなるのも無理ないよ」「大丈夫だよと心の中で自分に、労りの言葉をかけてみたら、スーッと自分の中から何か力が湧いてくる感覚がありました。




今までは「自分が悪い」「自分はダメだ」みたいな気持ちが心の中で湧いてきた時に、それをかき消そうとして、リセットするために、ホ・オポノポノを唱えたりしていたのですが、ホ・オポノポノも勿論、良いのですが、それよりも、そういう暗い気持ちをそのまま受け止めて「そうなるのも無理ないよ。でも大丈夫だよ」という労わる言葉をかける方が、何か有効な気がしてきました。



今まで、自分に思いやりが足りなかったなと。




自分を責める言葉の代わりに、自分を労わる言葉を365日かけ続けたら、結果はまるきり違う自分が出来上がる気がします。




令和の時代は、自分を否定する代わりに、自分を労わる言葉を自分にかけ続けてみよう、そしてその結果どうなるか、ちょっと実験してみたいと思います。





これは物事を他人のせいにするとか、自分を甘やかすとは別のことだと思います。解釈の違いで、もしかしたら自分を甘やかして、勘違いしてしまう危険性がある人もいるかもしれませんが、私はそうなるほど落ちぶれてないと思っています(笑)




14:01 HSP、エンパス

全ては計画通り(3)

2019/04/15
続きです。


こうやってどこか冷静な自分がいるのも、これは元々、自分が計画してきたことだと魂が知っているからなのかもしれません。しめしめ計画通りだなみたいな。




こういう困難な状況の全てはただ私に、カルマの解消だったり、今世に計画してきた目標である「自己受容」を促してるだけなのです。




いじめの詳細とか、茶番劇の詳細とか、こと細かい内容までは、魂的には本当はどうでもよくて、ただこのシナリオ、ミッションをこなしたいだけなんだろうなと思います。




「この体験はもしかしてカルマの解消なんじゃないか」「この茶番劇って、また私に自己受容させたいだけだよね」とか、自分が薄々、気づいていること、感じていることって、結構、真実なんだなと思いました。




このスピ会の方に言われたことで、自分の感じていたことと答え合わせが出来た感じがして、もっと自分の感覚を信用していいんだなと思った出来事なのでした。




実は、以前ヒプノセラピーを体験した時に、自分のハイヤーセルフと会って、ハイヤーセルフから「前世は楽しく生きられなかったから、今世は自分のやりたいことをやって、思い切り楽しく生きてね」と言われていたのです。






でも見えたハイヤーセルフの姿が、まさかのユニコーンでメルヘンだったので、驚いて、私の妄想かと思って、言われたこともちょっと半信半疑だったのですけど、今回、スピ会の方に「今世は楽しく生きること」と言われて、ああ、やっぱりあの時、見えたハイヤーセルフのユニコーンも、言われたことも本当だったのだなと思ったのでした。




だから、これからももっと、自分の見えたもの、感じたことを、自信を持って信じていっていいのだなと思ったのでした。





12:32 スピリチュアル

全ては計画通り(2)

2019/04/13
続きです。



いつもそうなんですけど、例えば、あることに悩んでいたり、悩まされていたりする時に、深刻で神妙な顔をして、悲嘆にくれている自分と、「あーあ、また見え透いた茶番だなー。さぁて、この事態をどうやって料理するかな」とあぐらをかいて、組んだ足に肘ついて状況を見ている、どこかの親父みたいな、俯瞰している、他人事みたいな自分がもう1人いるのです。



いつもビクビク、オドオドしている繊細な少女(笑)みたいな自分が表面意識にいて、あぐらをかいてどっかり座って見ている、肝が座っていて冷静な、なんでもわかっているおじさんが奥にいるといった感じです。






例えば、高校時代のいじめにしても、一番印象的な思い出として、それは校舎の窓から複数の男子生徒が下を歩いている私に向かって「ブース、ブース、ドブス!!死ね!!」と大人数で、ブスブス大合唱されるという、大変圧巻なシーンがあったのですけど、表面意識の自分は、当たり前ですけど、すごく辛くて、傷ついて、自殺を考えるわけですよ。




だけど、もう1人の自分が「ヤバイ、ヤバイ。どんだけ、自分 (笑)(笑)こんなことされてる女子高生、日本中、私くらいしかいなくない?なかなかこんな体験ないよ?だいぶヤバイな自分。ヤバイヤバイ(笑)(笑)」と密かに笑ってしまっている自分が心の片隅にいるわけです。



なんか矛盾しているようですけど、自殺を考えている自分と、こういう他人事な自分がもう1人同居している状態だったのです。



今でも、このシーンを思い出すと、悲しいと同時に、面白体験すぎて、どこかニヤニヤしてしまう自分がいるのです。



いや、悲しいんですけどね?





これはいじめの1シーンなわけですけど、私は結構ひどい容姿いじめをされたわけですけど、どんだけひどいことを言われても、私は自分が悪いと思いこそすれ、人を恨んだことがないんですよね。



それは、後から自分で気づいたことですけど、このいじめは、前世で私が人を傷つけたカルマの解消のための経験だったからです。



恨みの気持ちが当時から全くなかったのも納得です。なんせ自分が前世に人を傷つけてきたことの結果なのですから。




だから、あのスピ会のプロの方に「今世、カルマの解消を計画してきた」と言われた時に「やっぱりね!」と私は思ったのです。



続きます。

<過去の関連記事>




19:53 スピリチュアル

全ては計画通り(1)

2019/04/13
前回書いた記事の中で、スピの集まりでたまたま隣に座ったプロの方に色々、自分の事を言われたと書きましたけど、実は前回書いた内容以外にも、色々、言われていまして、



「あなたはとても真面目な性格。あなたは生まれる前に、今世どうするか、何をするかを、ものすごくきっちり決めて、生まれてきている。今世の計画はカルマの解消だったり〜云々。(周りがザワザワうるさくて、所々、聞き取れない箇所がありました)前世がとても苦労しているから、前世の重荷も今世の重荷も下ろして、今世は自分のやりたいことをやって、楽しく生きることが目標」



ということを言われました。たまたま集まりで、隣に座ったスピのプロの方にそう言われたわけですが、これはこの方が言ったというより、この方の口を借りて、私の守護霊が私に言いたかったことなのだろうと思いました。




人は誰しも、生まれる前に今世の目標というか、計画をある程度立てて生まれてくるわけですが、私の場合、真面目な性格ゆえか(笑)さらに人よりも、かなりキッチリと今世の計画を立てて生まれてきたっぽいです。



このことを、この方に言われた時に、「えっ、そうなのか私」というのではなくて、「うんうん、(生まれる前にかなり綿密に計画してきたことを)知ってる!」って感じでした。



以前に、このブログでも今世のシナリオを書きましたけど、ウンウン、計画通りだわと思いました。



エンパスの友人にも「橙って、人生の色々な課題を一つずつ確実にクリアして着々と生きている感じだよねぇ」と言われたこともありますし、自分でも何か降りかかってくる人生の悩みや困難を、冷静に、どこかゲームのような感覚でクリアしていっている感じがします。



全ては自分が選んだことなんだろう。家庭環境も、いじめなどの色々な困難なこと、悩みも、色々な全てを自分が計画してきたのだろうなと思います。



続きます。



18:29 スピリチュアル

真面目は直らない

2019/04/11
先週、面接を何箇所か受けて、今は結果待ちの時期なのです。


なんか落ち着かない毎日ですね。


そういえば夫が先日、社長から「ここはあと2年くらいかな」と言われたそうです。あくまで目安で絶対ではないようですが、あと2年くらいでまた転勤になるかもしれません。




先日、とあるスピの集まりに行ったのですが、そこで私はプロでやっているというある方に、特に私は何も話していない状態だったのですが「あなたはとても真面目な性格だ。人のことばかり考えている。人のこともいつも自分に背負ってしまう。生まれの家庭の問題もあり、重荷を背負って生きている。こちらまで胃が痛くなってきた。」と言われました。


確かに私は胃が悪いのです。前職場ではいつも胃が重くて、ずっと胃薬を服用していました。今は落ち着いていますが。


この方は身体ワンネス型のエンパスなのかもしれません。




こういうヒーラーの方に言われるのは、馬鹿にして言われているわけではないのがわかるので全然、良いのですが、実生活で「真面目」って言われるのは、私はすごく嫌ですね。



HSPの人はよく言われるんでじゃないでしょうか。「真面目だね〜」って。



前の職場で一回りくらい年下の女性に「橙さんって、真面目だな〜って思いますよ」と言われた時は、すごくイラッとしました(笑)


でもイラッとしても私は言い返したり、態度や顔にも出せないんで、またストレスたまるんですよね‥‥。モヤっとしながら、いつも溜め込んでしまいます‥‥。



大体、私は人に「真面目だね〜」とか言おうと思いません。言うんだったらもっと別の良い言い方にすると思います。



「真面目」って言い方とかにもよりますが、絶対、馬鹿にしてますよね?(笑)


こうひねくれて思ってしまうのは、私が自己肯定感が低いせいでしょうか。


よく「HSPは直らない」と言われますが、「真面目も直らない」と思います。


受け入れて、生きてくしかありませんね。



12:16 HSP、エンパス
 | HOME | Next »